渋谷区恵比寿で腰痛・椎間板ヘルニアなら指圧治療院 健朋堂。

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-11-6 恵比寿山仁ビル501

【恵比寿駅東口より徒歩2分】

 最終受付19:00
03-6456-4124
営業時間
10:00〜20:00
休業日
月・火曜日 
 

神経促通(神経筋無痛療法)について

足の神経促通施術

指圧療法と当院で行うもう一つの施術が「神経促通」です。

神経促通と言われてもあまりイメージが湧かないと思います。
なぜなら、これまでなかった新しい施術方法だからです。

身体の全てをコントロールしている神経を活性化(促通)させることで、痛みや不調の改善をはじめパフォーマンスの向上にも寄与します。すべては身体の機能をコントロールする神経を活性化させることで起こるのです。

神経促通ってなに?

神経にアプローチする新しい手技

神経のイラスト

神経促通は、その名の通り神経を促通させることで、身体を正常な状態にして痛みや不調を改善します。

痛みや不調といった異常がある場合、ほぼ必ず神経の働きが滞っています。

関節のズレや筋肉のコリをとって症状を改善する手技の場合、滞った神経はそのままなので、症状が改善しなかったり、改善しても持続しなかったりということが起きます。
 

神経は全身をコントロールしています

股関節の促通施術

身体を動かすのは筋肉で、生命を維持しているのは内臓や血管です。
そして、それらをコントロールしているのは神経です。

つまり、促通によって神経の働きを正常にすることで、神経がコントロールする全てが改善してしまうのです。

裏を返せば、神経の働きが滞ると神経がコントロールする筋肉や内臓などの働きも低下することになるのです。

超ソフトな施術で神経を促通させます

足の促通施術

当院の指圧療法は、痛くないソフトな刺激で行いますが、神経促通はさらにソフトな刺激で行います。

「今、施術しているんですか?」と聞かれることもあるくらい超ソフトな刺激で行うため、痛みはありません。

しかし、それでいて効果は抜群です。

神経促通の効果は全身に影響します

自律神経のイメージ

神経は全身に張り巡らされています。

一本の神経に見えるものも、実は何百何千の神経が束になったもので、髪の毛よりも細い一本一本の神経が、全身あらゆる所に通って命令を出しています。

1部位の神経を促通させるだけでも、その促通刺激は繋がった全身の神経に影響します。

そのため、足の施術をしたけれど首肩の痛みが、腰の痛みがとれた!腸がすごく動く!よく眠れるようになった!といった現象が当たり前のように起きます。

即効性があり副作用がほとんどない

神経シナプスのイメージ

滞った神経を促通させると、すぐに効果が現れます。
施術を受けた方の多くは

「あれ?さっきまで痛かったのに」と驚かれます。

神経は瞬間的に促通するので、効果が出るのも一瞬です。そのため痛みや動作については、すぐに変化が出ることがほとんどです。

内臓疾患や症状が重い場合は、変化が出るのに時間がかかります。
施術の副作用的なことが起きることがまずないのも特徴です。

病院では治らない疾患にも対応

神経促通は、これまでなかった身体を土台(神経)から改善する方法のため、今まで治らないと考えられてきた疾患にも効果が期待できます。

当院が対応実績のある疾患の他にも、神経促通の手技としての症例では、膝十字靭帯断裂、棘上筋断裂を手術せずに競技復帰された例は多数あり、先天性の疾患や、難病のサルコイドーシスなども改善症例として上がっています。

そしてこれらの症例の中には、医師本人が神経促通を行なって結果を出した例もあります。

ひとつお伝えしておきたいのは「これらの疾患が治る」と言っているわけではありません。治ると言っていいのは医師だけです。神経促通は、あくまでこれらの疾患を治すのではなく、疾患によって起きている症状を改善することができる。と言うことです。
 

神経促通が起きる仕組み

皮膚にある感覚受容器の構造

神経促通は、非常にソフトな刺激で行うにもはっきりとした理由があります。

皮膚には、たくさんの感覚を感知する受容器(神経)があります。
皮膚のごく浅い部分、表皮から0.2〜1.5mmという表面に近いところにも受容器があって、これらはごくごく軽い刺激でないと反応しないのです。

もっとも敏感なものでは、わずか0.05mm皮膚が押し込まれただけで感知する受容器があります。
この受容器は、1.5mm以上押し込まれると次第に反応が鈍くなり、感知しなくなります。

つまり、神経促通は、これら皮膚にあるごくごくソフトな刺激でないと反応しない受容器も利用しているのです。

皮膚にある感覚受容器の構造

深いところにある神経だけでなく、優しく触れた時にだけ反応する神経も使って、一度に多くの刺激を神経に通すことで、滞ってしまった神経の通りを良くすることができます。

現代は、全身の感覚が非常に滞りやすい環境にあります。
長時間のデスクワークや自動車移動、高性能の靴などで感覚を遮断してしまっています。さらに、満員電車など人が多すぎるとあえて感覚を遮断してストレスを感じないようにしていたりもします。

身体は外部からの感覚に対して正しく反応することで正常な状態を保っています。身体に入ってくる感覚の量が減ってしまうと、それだけ身体(神経)は調整ができなくなって乱れたり、滞ったりしやすくなってしまいます。

 

神経に対する刺激の影響

なんで神経の働きが滞るの??

神経は非常に敏感にできていて、日常的なあらゆる刺激に対して常に反応しています。
身体にとっていい刺激であれば神経は正常に働きますが、わるい刺激に対しては過敏に反応するため、繰り返されると徐々に疲れてきてしまい、働きが鈍ってきます。

例えば、一緒に居て楽しい人(いい刺激)とは何時間一緒に居ても疲れませんが、苦手な人(わるい刺激)と一緒にいるとすぐに疲れてしまいませんか?
わるい刺激は、身体(神経)にとって非常に負担になってしまうのです。

身体にいい刺激とわるい刺激

いい刺激とは、身体にとって害のない刺激のことです。
触れても体が緊張せずリラックスできる刺激や、広い意味では心地よい音などです。

一方、わるい刺激とは、身体が害だと判断して無意識に防御(緊張)してしまう刺激のことです。
ガシッと握られたり、不快な触れ方はもちろんですが、強い刺激は基本的に身体は防御してしまいます。

外からの刺激だけでなく、自分自身がよくない動作だったり、姿勢だったりを繰り返すことも悪い刺激になってしまいます。

神経促通は意図的に身体にとっていい刺激を入れることで神経の反応を活発にして促通させるのです。

臨時休診日のお知らせ

2024.1.29
2月の臨時のお休み

2/15(木) 研修のためお休み
2/29(木) 研修のためお休み
当院へのアクセス
ご予約・お問い合わせ

ここを押すと電話がかかります

03-6456-4124

電話受付時間 / 10:00~19:00
休業日 / 月曜・火曜

※施術中はお電話に出られないことがございます。

留守番電話にお名前・お電話番号を残していただけましたら、折り返しお電話させていただきます。

 

営業時間外のお問い合わせは、こちらから↓

お気軽にお問合せください

電話をかける人

お電話でのお問合せ・ご予約

スマホの方はタップでお電話
03-6456-4124

<お電話の受付時間>
10:00~最終受付19:00
※施術中はお電話に出られないことがあります。

LINE予約、フォームは24時間受付中!
お問合せもこちらから↓

指圧治療院 健朋堂。

住所

東京都渋谷区恵比寿1−11−6
恵比寿山仁ビル501

アクセス

JR恵比寿駅 東口より徒歩2分
      西口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅
1番出口より徒歩4分

営業時間

 10:00~20:00

定休日

月・火曜日